kokoroの部屋

〜家族みんなが生活を健康でプラスになる情報をお届け〜

発達障害 AD/HDって??

 こんにちは、精神保健福祉士のkokoroです!

 普段は、精神科、心療内科のクリニックで医療相談員をしております!

 

 今回は、以前に投稿していた発達障害について、AD/HDについて主として紹介していきたいと思います。

 

 まず、AD/HDとは、注意欠陥多動障害というものになります。障害という言葉があることで不安や偏見を気にする方も多くいらっしゃると思います。そんな中で、今後注意欠陥多動障害から、注意欠如多動症に呼称が変更になるという話が出ているところです。もしそうなれば、障害という偏見からも抜け出し、その人それぞれが持っている特性ということが長い時間をかけてになりますが、理解してもらえるときが来ることを願っています。

 

 さて、ではAD/HDの人がどのような特性があるか、代表的なところを挙げていきます。

 

・片付けが苦手。

・忘れ物や失くしものが多い。

・ケアレスミスが多い。

・注意散漫になりやすい、もしくは集中しすぎてしまうことがある。

・計画的に行動することが苦手。

・物事を行うのに、優先順位をつけるのが苦手である。

・忘れっぽさがある。

・興味があるものには集中できるが、興味がないものには集中できない。

・音や匂い、光に敏感さがある。

・落ち着きがなく、話も早口になりやすい。

・・・・・etc

 

 などといった特徴が多いかと思われます。

 これらはよくセルフチェックでも出てくるものにもなりますが、これに当てはまらなくても、発達障害として診断される方もいます。それは、セルフチェックになるので、自分では気付いていないだけで、そのような苦手さが存在していることがあります。

 

 反対に、自分ではそのような特徴があると感じていても、発達障害には当てはまらない方もいらっしゃいます。それは、検査を行なったりしたときに、その苦手さが一般的な水準のレベルであった時に、発達障害の範囲とは診断されないためです。

 

 もし、AD/HDであると診断された場合、主には薬での治療があることが多いです。

 薬での治療というと怖いイメージもあるかもしれませんが、暮らしやすくなる、生活しやすくなる、生きやすくなるというのがとても大きなメリットになるので、抵抗はあるかもしれませんが、私は活用していくことが大きなプラスになると考えています。

 

 今回は、AD/HDって何??っていうところを触れていきました。

 他の発達障害についても紹介をしていきたいと思いますので、参考にしてもらえたらと思います。

 

 ちなみにこれらの書籍は参考になるので、読んでもらえたらと思います。  

 

 ご覧いただき、ありがとうございました。