kokoroの部屋

〜家族みんなが生活を健康でプラスになる情報をお届け〜

不眠に対して対策できること

f:id:kokoro_psw:20210813171550p:plain

 こんにちは、精神保健福祉士のkokoroです!

 普段は、精神科、心療内科のクリニックで相談員をしています!!

 

 前回は、服薬治療にて不眠の改善を紹介しました。

 

 今回は眠りやすくするための服薬以外の方法を紹介したいと思います!

 

 睡眠に関しては、ベッドやマットレス、枕など寝具も大きく影響します。

 そのため、自分の身体に合っていない寝具を使っていると、眠りが浅かったり、疲れが取れなかったりすると思います。まずは、自分が使っている寝具があっているか、そこを確かめて、自分に合った寝具を用意するのも良いでしょう。ただ、ここには結構お金もかかってしまうので、もう少し手軽に試せるものを紹介したいと思います。

 

 

 まずは紅茶です。

 紅茶は種類によっては、眠りに入るのに良い流れを作ってくれる作用があります。

 カモミールやラベンダーなどがよくそのように言われますね!

 私も茶葉で買って、眠る前のひとときとしてリラックスタイムを作っていたこともあります。

 私のおすすめは味や手軽さも含めてこの辺りです。

 

 

 

 この辺りは、ティーポットを使わずに飲めるので、手間も少ないですし、味もとてもよく、寝る前に飲むにも香りがとても穏やかな気持ちにしてくれます。

 

 

 空間としておすすめなのは、部屋の電気です!

 寒色となる白い光の電気は、脳を活性させてしまうので、脳が休まらないので夕方以降は避けましょう。

 暖色となる電球色の光は、茶色いような光で目が休まるので、脳が休む流れになり、眠り着く方向になりやすくなります。

 

 最近は、LED電球の物で、調光調色ができるものも出ているので、電気の器具を交換するのもいいかもしれませんね!

 電気を変えるというと高いんじゃないのかなと思うかもしれませんが、安価なものもあるので、いくつか載せるので、参考にしてもらえるといいなと思います。今回は6畳をメインに紹介しておきます。

 

 

 それぞれ、値段も違うので、納得いくものに付け替えてみることをお勧めします!

 

今回は、服薬以外での睡眠の改善を少し紹介しました。

少し参考にしてもらい、睡眠や疲労回復に繋げてもらえたらと思います!!

 

ご覧いただき、ありがとうございました。