kokoroの部屋

〜家族みんなが生活を健康でプラスになる情報をお届け〜

不眠症状にもいろいろある・・・

f:id:kokoro_psw:20210808143344p:plain

 こんにちは、精神保健福祉士のkokoroです!

 普段は、精神科・心療内科のクリニックで相談員をしています。

 

 適応障害の投稿でもありましたが、今回は

 不眠症状とはどんな症状があるか

 について触れていきたいと思います。

 

 不眠症状というと、単純に眠れないのだな、眠れない症状だなと考えると思います。

 

 それに関しては、大きく間違っていないと思います。

 

 ただし、眠れないというものが、どう眠れないかということが大切であると私は思います。

 

 「眠れない」にもいろいろ種類があるからです。

 例えば、寝つきが悪くてなかなか眠れない、眠れはするが途中で何度も起きてしまう、朝早く起きてしまう、睡眠時間が短くなってしまっている、睡眠時間は取れているが睡眠が浅くて寝た気がしない、などのいろいろな「眠れない」があると思います。

 

 それは、それぞれの「眠れない」があって、「眠れない」ことによって、気分的な不安定さに繋がったり、身体的な不調に繋がったりすることが考えられます。

 

 反対に、不安や悩み事によって、「眠れない」という症状になることもあります。

 

 それぞれの「眠れない」に合わせて、治療していくことは可能であると思います。主には、服薬による治療になると思いますが、安心を得られるようにして眠れるようにしたり、しっかりとした睡眠が取れるように調整していくなど、いろいろな治療方法があります。用量調整もしながら、合う用量にしていくと思いますので、大きな副作用が出ないように処方がされると思われます。

 

 読んでくださっている方の中で、こういった「眠れない」って受診していいのかなと思った方、もし少しでも当てはまって困っている場合、行ってみたいなと思う精神科・心療内科への受診をしてみてもいいのかなと思います。

 

 今回もご覧いただき、ありがとうございます!