kokoroの部屋

〜家族みんなが生活を健康でプラスになる情報をお届け〜

普段の私の仕事〜精神科・心療内科の相談員〜

 おはようございます、精神保健福祉士のkokoroです。

 

 前回、私の自己紹介を投稿したのですが、今回は普段の私の仕事について投稿したいと思います。

 

 私は投稿でもあったように、精神科・心療内科のクリニックで、相談員をしております。

 基本的には、患者さんの話をお伺いしたり、他の病院やクリニックとの連携、各種書類処理を行なっています。また、必要に応じて、心理検査を行なったりしています。

 

 患者さんの話は、来られる方それぞれで似ている部分がある人もいますが、基本的には全員がバラバラで、内容はそれぞれの患者さんが感じていることや感じ方によって異なるので、それに合わせて、お伺いしています。そうして、いろいろな患者さんの話を聞いていくことで、自分自身もどういう場合にどういう症状や特徴が見られるか勉強になるので、正面から向き合い、誠実にお話を聞いていくようにしています。

 

 転院や入院といった場合にも、それぞれの情報と医師の診断、指示に合わせて、他の病院とも連携しながら、患者さんに不安の少ないように連携して動くようにしています。

 

 立場上、いろいろな書類の処理もあるので、文書の処理を行なうことも多くあります。文書を処理していく中でも、患者さんへの理解が深まることが多く、今後に繋がることが多いです。

 

 心理検査に関しては、必要に応じて医師の判断によってとなりますが、その細かな分析や診断の元となるデータにもなるので、とても慎重に分析をして、医師へと回せるように気をつけています。その結果次第で、これからの生活も大きく変わっていく可能性もあるからです。

 

 そんな形で、日々業務を行なっているのですが、自分の仕事でありながらも、日々学ぶことがあり、自分のプラスになることも多く、それをまた他の患者さんと話す時に繋げていくことができています。

 

 これからも、多くの人との関わりを通じて、いろいろな理由で来られる患者さんの役に立てるように努力していきたいと思います。

 

 ご覧いただきありがとうございました。